「サブスクリプション収益/収益成長レポート」や「収益予測レポート」がインサイト(取引レポート)に追加されました!

最終更新: 6月14日



インサイトの製品ごとのレポートや取引ごとのレポートに収益予測レポートを追加したため、レポート、およびダッシュボードにさらにカスタムフィールドを追加できます。

現在、インサイトでは、取引終了予定日ごとの未決済取引、製品ごとにフィルタリングされた取引などについてレポートを作成できます。


今月は、ダッシュボードとレポートをさらに強力にするために、インサイト機能に3つの機能を追加しました。

  • インサイトに収益予測レポートが追加されました

  • 取引レポートで紐づけられた「製品」ごとにフィルタリングおよび表示できるようになりました

  • サブスクリプション収益レポートやサブスクリプション収益成長レポートが追加されました。


14日間無料トライアルはこちらから



収益予測レポート

インサイトに収益予測レポートが追加されました。つまり、当月の売上や件数の着地予測も一つのダッシュボードで確認ができるようになりました。


これにより、予測レポートをより細かく制御できます。たとえば、12月に成約する予定の取引について、その後10月に取引が成約するとします。インサイトで簡単にフィルタリングして、成約前の場合は12月に取引を表示できますが、成約後は10月に表示することができます。


収益予測レポートはカスタムの金額もサポートしており、累積予測だけでなく非累積予測も表示できるようになりました。


インサイト機能の[収益]セクションで収益予測レポートを作成できます。この機能は、プロフェッショナルユーザーが利用できます。



取引パフォーマンスレポート

インサイトで「製品」をフィルタリングできるようになり、どの製品が最も収益を上げているか、どこに注力すべきかを判断できます。


Pipedriveに追加した任意の製品で結果をフィルタリングおよび表示し、必要なデータにドリルダウンするために多かれ少なかれ追加することができます。


この機能を使用すると、取引の成約/失注/製品ごとの開始など、以前のレポート機能から製品レポートを複製できます。


アクティビティとメールパフォーマンスの洞察は、3つの料金プラン全体ですべてのユーザーが利用できます。



サブスクリプション収益/収益成長レポート

インサイトに登録した収益タイプ(サブスクリプション)を選択しレポート作成が可能となりました。


一括支払いや毎月の変動、支払いスケジュールを作成し、集計できるようになっているため、pipedrive内で全ての収益レポートを確認できます。


また、プラン変更やアカウント追加、解約などで生じるMRRの増減は、サブスクリプション収益成長レポートを作成することでリアルタイムに確認することができます。


この機能はプロフェッショナルユーザーが利用できます。



14日間無料トライアルのお知らせ

BIツールは、1ヶ月10万円以上するものが多く、エクセルで集計されている企業も多いのではないでしょうか?

pipedriveの場合は、BIツールに引けを取らないダッシュボード機能がインクルードされております。

是非この機会にお試しください。


14日間無料トライアルはこちらから