【pipedrive】2021年5月アップデートまとめ

最終更新: 3日前


5月、Pipedriveにいくつかの大きなアップデートを加えました。

Smart Docsを使用すると、Advanced、Professional、およびEnterpriseのユーザーは、ドキュメントプロセスをより適切に管理でき、

新しいメンションとコメント機能により、チームはより多くの情報を得ることができるようになります。




14日間の無料トライアル受付中

14日間無料トライアルはこちらから

pipedriveを 初めて使用する場合は、14日間無料で試すことができます。



Smart DocsProおよびSmartDocs Basics

セールスドキュメント機能をアップグレード、階層化、名前変更し、advanceプランユーザー向けのSmart Docs Basics(現在はベータ版ではありません!)と、Professionalユーザー向けのSmart DocsProを作成しました。 Smart Docs Basicsには、次の機能が含まれています。

  • ドキュメントにPipedriveデータを自動入力します。手作業が減り、エラーや編集が減り、見積もりをより迅速に送信できます。

  • カスタマーの動きをトラッキング。ドキュメントビューに関する通知を受け取ることで、見込み客が決裁するタイミングを知ることができます。

  • ドキュメントを簡単に見つけます。見積もり、提案、契約をGoogleドライブ、OneDrive、またはSharePointに保存する


Smart Docs Proには、上記のすべてに加えて、次の追加機能が含まれています。

  • eSignatures。共有ドキュメントの受信者が電子的に署名できるようにします。プラグインは必要なく、pipedrive内で全て完結します。

  • pipedriveのロゴ削除。ドキュメントを転送するとき、またはeSignaturesをリクエストするときは、Pipedriveのロゴを削除することができます。

  • ユーザーに共有。ユーザーに、保存したテンプレートの使用と編集を許可することが可能です。

アプリ内のメンションとコメントでユーザーに情報を提供し続ける

Pipedriveで変更された点についてチームメンバーに通知したいですか?

Pipedriveに加えた更新またはPipedriveエントリに追加したメモで「@」記号とそのユーザーの名前を使用すると、ユーザーに通知されるようになりました。

@記号を使用して他の人にタグを付けると、選択したチームメンバーの名前がドロップダウンリストに表示されるため、探している人をすばやく見つけることができます。 メンションでタグ付けされたユーザーは、メモにコメントを投稿することで返信できます。これにより、メモの作成者に通知が送信されます。 他のユーザーに見てもらいたい場合は、コメントに「@」を付けることもできます。他のユーザーにも通知されます。

メモにコメントした後、他のユーザーがスレッドに追加するたびに、「@」でメンションされていなくても、通知を受け取ります。




14日間の無料トライアル受付中

14日間無料トライアルはこちらから

pipedriveを 初めて使用する場合は、14日間無料で試すことができます。