スケジューラ機能のビデオ通話会議統合



pipedriveのスケジューラ機能に待望のビデオ通話会議統合が実装されました。

これにより、クライアントにPipedriveのスケジューラ機能を利用してミーティングを予約してもらう際に、自動的にビデオ通話リンクをセットすることが可能となります。


:この機能を使用するには、zoomまたはMicrosoftTeamsの統合をインストールする必要があります。



設定方法

スケジューラでビデオハングアウトの作成を開始するには、[アクティビティ]ページに移動し、[提案時間]を選択します。




設定する会議の種類に応じて、[対応可能状況の管理]または[時間の選択]を選択します。次に、新しい対応可能状況を作成するか、既存のスケジューラリンクを編集してビデオ会議を含めることができます。

時間と会議の長さを選択したら、[会議の詳細に進む]を選択すると、会議をビデオ通話にするオプションが表示されます。



注: Microsoft TeamsまたはZoomとの統合をまだインストールしていない場合は、ここからインストールするオプションがあります。



インストールした統合に応じて、[Zoom会議にする]または[ Microsoft Teams会議にする]を選択して、この会議をビデオ通話にします。

ZoomチームとMicrosoftチームの両方がインストールされている場合は、[ビデオハングアウトの追加]を選択してどちらかを選択する必要があります。スケジューラの招待に2つの異なるビデオハングアウトリンクを含めることはできません。




スケジューラビデオ通話会議に参加する


ゲストが会議の時間枠を確認した後、ビデオ通話がスケジュールされます。スケジューラを介して会議がスケジュールされると、確認画面に会議がビデオ通話になることが示されます。


Pipedriveユーザーとゲストの両方に、ビデオハングアウトに参加するためのリンクが記載された電子メールが送信されます。




ゲストは、会議確認メールの下部にある会議を再スケジュールまたはキャンセルすることもできます。