10月のPipedriveプロダクトトークで発表された全発表内容

2023-10-31

2023年の主なプロダクトトークでは、Pipedriveの新しいセールス受信トレイとAIを搭載したセールスアシスタントの紹介という2つの大きな発表を行いました。

ウェビナーで発表された2つのPipedriveイノベーション

新しくなったSales inbox

Sales inboxが新しくなっただけでなく、セールスの会話をトラッキングしたり、メールを最適化したりするのに必要な機能が追加されました。

受信トレイやタブを行き来したり、サードパーティのソリューションに頼る必要はもうありません。

Sales inboxを使えば、複数のメールアカウントをPipedriveと同期させ、複数の受信トレイのメールを一箇所で追跡・管理することができます。

Pipedrive CRMにすべてのメールを取り込むことができます。

メール同期はPipedriveのProfessional、Power、Enterpriseでご利用いただけます。Pipedriveのプランによって、以下の数のメールアカウントを同期できます:

  • プロフェッショナル - 1ユーザーにつき2つ
  • パワー - 1ユーザーにつき3つ
  • エンタープライズ - 1ユーザーにつき5つ

メールラベルも追加されたので、受信トレイのメッセージを分類し、重要なメールにタグを付けることができます。

Pipedriveのメールコンポーザーで各メールに適した署名を直接選択できるようになります。

AIを活用したセールス・アシスタントのご紹介(ベータ版)

セールス・アシスタントがAIを搭載しました。

Sales Assistantは、営業パイプラインと活動を継続的に分析し、独自の営業パターンと嗜好を特定します。この機能は、営業担当者が営業の成功を高めるために実行できる、実用的で実用的な推奨事項を提供します。

現在ベータ版であるセールス・アシスタントのAI搭載の新機能には、以下のようなものがある:

  • 案件の勝率を予測し、次の最適なアクションを提案します。 AIを搭載した営業アシスタントは、各案件と活動を分析し、案件の勝率を予測し、勝率を上げるためにできる行動を推奨します。

  • 勝率の高い案件を推薦します。Sales Assistantはまた、あなたが注力すべき勝率の高い案件と、落とすべき勝率の低い案件を特定し、重要な案件に力を注げるようにします。

セールス・アシスタントのライブバージョンは、次のような貴重な洞察や提案を提供し続けている:

ディールベロシティに関する実用的な洞察

Sales Assistantは、実用的な通知機能により、案件のベロシティを加速させます。営業担当者に案件の進捗状況を通知し、同種の案件に基づいて平均時間を超えた場合に通知します。

チームパフォーマンスの把握

チームパフォーマンスと失注率を追跡することで、Sales Assistantは個人のパフォーマンスに関する貴重な洞察を提供します。営業マネージャーは、失注率の高いチームメンバーを特定し、パイプラインのステージ別に失注した案件を確認し、チームの強みと改善点を深く理解することができます。

私たちの目標は、単にAIを製品に組み込むことではなく、営業担当者の真のニーズに応え、収益目標の達成を支援するソリューションを提供することでした。営業アシスタントにAIを統合することで、営業チームに集中的で実行可能なガイダンスを提供し、彼らのパフォーマンスを向上させます。現在、Pipedriveを使用している中小企業は、最新のAI技術を使用したパーソナル・バーチャル・アシスタントを利用できるようになり、努力の優先順位をつけ、適切な案件に集中し、営業パイプラインの潜在的なボトルネックを特定できるようになります。 ショーン・シラジアンPipedriveCPO

Dominate SalesがPipedriveの使用について学んだ7つの教訓

講演者であるセールス・ディレクターのザーラ・ジヴァー氏とCPOのショーン・シラジアン氏に加え、Pipedriveのパートナーであるドミネイト・セールス社のカスパー・クントー氏がゲストスピーカーとして登壇しました。

エストニアのDominate Sales社は、200社の顧客にPipedriveの導入を支援している。

Pipedriveを最大限に活用するためのカスパーの7つのヒントを紹介しよう:

  1. "すべてはパイプラインから始まる"Pipedriveのパイプラインは目的地までの地図です。
  2. "自分に正直になること"自分の努力の効果を精査することはとても重要です。そして、Pipedriveのインサイト機能を使って、自分の活動の効果を測定してみましょう。
  3. "適切な使用習慣がなければ機能は機能しない" Pipedriveを最大限に活用するためには、まず自分がどれだけPipedriveを使うかを理解する必要があります。Pipedriveが効果的に機能するためには、規律正しく定期的に使用することが必要です。歯を磨くような毎日の習慣だと思ってください。
  4. "CRMの更新を常に忘れずに"経済の変化に順応し、あらゆる販売機会を大切にする必要があるが、そのためにはデータ入力の習慣をしっかり維持する必要がある。
  5. 「AIを恐れるな。受け入れよ。"AIとオートメーションは、顧客とのエンゲージメントに役立ちます。例えば、AIを使って問い合わせに対するプロンプトや回答を生成したり、Eメールのテンプレートを生成したりすることができる。
  6. "小さなことを大切にする"顧客がどんな車に乗っているかとか、夢の休暇先はどこかとか、些細なことを思い出そう。
  7. "コンタクトタイムラインを使う"この強力な機能は、クロスセルを行い、最良のリードや顧客に集中するのに役立ちます。

Kaspar氏は、このような教訓をもとに、Pipedriveを使い始めて1年で39%の成長を遂げたある顧客のエピソードを紹介した。

Pipedriveのパイプラインが投票で最も重要なものに選ばれる

カスパーの最初の教訓は、"すべてはパイプラインから始まる "というものだった。ウェビナー参加者の38%が最も重要な機能としてパイプラインに投票した。

CRMを利用したことがある場合、どの機能が成約に最も役立ちましたか?

プロダクト・トークのウェビナーを見逃した方は、以下からご覧いただけます。

次世代CRMプラットフォームPipedriveを試してみませんか?

お役立ち資料

概念だけでなく、 実践的なノウハウを公開中!


See More Posts

PIpedriveにダークテーマが実装されました🎉

Pipedriveについにダークテーマが登場!好みのインターフェイスが選択可能に!

2024-02-05

次世代CRMプラットフォーム「Pipedrive」が「ITreview Grid Award 2024 Winter」 にて12期連続同時受賞!

株式会社Mer(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:澤口友彰)がマスターパートナーを務め日本展開を支援している次世代CRMプラットフォーム「Pipedrive」は、「ITreview Grid Award 2024 Winter」にて、ユーザーの高満足度・認知度により、SFAツール(営業支援システム)部門・CRMツール部門において12期連続の受賞をいたしました。

2024-01-18

PipedriveはISO 27001:2013のサーベイランス審査と2023年のSOC2審査を無事終了🚀

Pipedriveが、ISO 27001:2013のサーベイランス監査に合格し、2023年のSOC2監査を完了したことを発表しました。

2024-01-05

Show more